手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたにする方法があります。

プチ整形大丈夫?

プチ整形なら絶対、大丈夫?


あなたが、二重まぶたのパッチリした目元を手に入れるために、さまざまな情報をお届けしています。

二重まぶたになる方法」のページでは、すでに巷で知られている、いろいろな方法を挙げました。マッサージ、アイテープ、メザイク、アイプチ…。しかも、それらはかなり有効であることもお話ししました。

でも、やはり私はお勧めしたくないのです。あなたにとって、今の悩みが解決するのは、『 何もしなくても、  半永久的に、二重まぶたが定着している状態 』ではありませんか?

左メニュー「二重まぶたになる方法」のページ挙げたような方法は、その望みを叶えてくれるでしょうか?考えてみてください。自己流マッサージで、本当に二重が定着すると思いますか?専門的な知識の裏付けのないマッサージは、とにかく根気と粘りが必要です。二重になったかと思えばすぐ戻り、またがんばり、二重になり、またすぐ一重に戻り…。最後にはあきらめざるをえない。

そしてアイプチは、1日の後半になると、のりがとれてきてしまい、化粧室で直さないといけない。朝など、時間がない時はアセッてしまって、うまくいかないこともある。また、あなたはご存じでしょうか?アイプチやメザイク、アイシールなどは、まぶたへの負担が大きく、お肌にも大きなストレスを与えてしまうことを。さらにそのまま使い続けると、肌荒れや炎症、まぶたのたるみの原因となり、アイメイクすらまともにできなくなってしまう、そんな可能性すらあるのです。しかも、アイプチやアイシールは…、バレることが多い(笑)。とくに女性の厳しい目には耐えられません。

では、二重をつくるというクリームは?そうした製品の場合、含有成分がきちんと外箱やケースに記されていないことが多いと思います。なぜなら、成分のほとんどが皮膚を保護することにはまるで気を使わずに、脂肪の燃焼などだけに特化したものだからです。

そしてさらに。最後の手段として、顔にメスを入れる = プチ整形、という方法があります。「 二重まぶたを定着させる 」ためには、もっとも有効と言われています。

超えるべきハードルは、

[check]顔にメスを入れる決心

[check]費用の捻出


この2点だけだと。でも、この方法にも問題があるのです。実は、プチ整形をしても、二重を定着させることはできません。たとえば、「埋没法」。これは、ちょうど保証期間が切れる頃に、糸が取れてしまい、何度も手術を繰り返すはめに。さらに、眼瞼下垂などの眼病になる方もいます。

では、「切開法」はどうでしょう?切開法では、まぶたにつけたメスの痕で、二重のラインをつくります。かなり無理やりと言いますか、強引なやり方です。結果として、年齢を重ねるにつれ、まぶたがどんどんたるんでいき、重たいまぶたとなっていくのです…。もっと言うなら、整形は“失敗”の可能性と常に背中合わせ。

テレビのドキュメンタリー番組などでもよく出てきますよね。整形手術の被害や、整形し過ぎによる顔や体への弊害…。私が心からお伝えしたいのは、人間の体は“自然のままでいること”を好み、“不自然”が大嫌いである、ということ。

整形という極端なものでなくとも、テープやノリなどで、無理やり毎日毎日、二重をつくる生活は、もうやめてほしいのです。第一、めんどくさいですよね ^^;商品を購入し続けるのも大変です。

「 じゃー、このサイトの管理人さんが勧めたい方法って、いったいどんな方法なの!?教えてよ! 」


という声が聞こえてきましたので、ご紹介しますね。

●手術は一切必要なし

●自分で、自宅で、簡単に行うことができる

●あなたの希望どおり、二重まぶたが定着!

●あなたに合った自然な二重をつくることができる

●しかも小顔になる!

この道20年のプロがつくった、画期的な方法です。

>> 二重まぶたにする方法




a:1608 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析