手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたにする方法があります。

二重まぶたの手術の失敗例

トップページ

二重まぶたの手術の失敗例

二重まぶたの手術で一番用いられるのが『埋没法』と呼ばれる方法です。これは、まぶたに人為的にシワを作り、糸で固定するという方法。この埋没法は糸をとれば元に戻るので比較的安心な手術として人気でもあります。しかし、埋没法をしても最初は二重まぶただったのが、自然に一重に戻ってしまったという例が多々あります。糸が切れて戻ってしまったという方がいれば、何もしてないのに戻ってしまったという方もます。一度手に入れた二重まぶたが、一重に戻ってしまうほど残念なことはありません。多くの方が2度、3度と再度埋没法の手術を受けているようです。これではいくらお金があっても持ちません。

また、『切開法』によって手術した方の中には、右と左の二重の幅が違い前より違和感があるといった例もあります。整形したいがバレバレで、昔の友達に会うことが出来ないという声もあります。手術による、二重で今までの悩みが解消したという方ももちろん多くいます。しかし、決して全てではない危険性も十分に考える必要があります。埋没法のように元に戻るのであれば、それほどリスクは高くないが元に戻せない手術の場合のことも考えることが重要。医師によっては、より金額の高い手術を勧める場合もあります。もちろん、その方が成功すれば効果も高くなります。効果が高いという事は、リスクも高いという事もしっかり心にとめておきましょう。

手術をしなくても二重になる方法は色々あります。お金をかけて失敗をする前に、自分の出来ることから始めてみることをお勧めします。このサイトのトップページをご覧ください。




a:1211 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析